Château Bourdieu

ワイナリー紹介

子供の頃からの夢を叶えて

リュック・シュヴァイツァーは子供の頃、寄宿学校へと通う道すがらいつもシャトー・ブルデューを眺めていました。その後、家業を継ぐかたちで自らもワインづくりの道へと進み、1993年、シャトーの所有権を取得しました。ワインに精通した造り手を魅了したのは、粘土質・石灰質の優れたテロワールとその立地でした。

購入後すぐさまワイナリーの大がかりな設備改造に着手します。ここで迎えた初めての収穫と同時に、1200平方メートルの広さを誇る醸造設備が完成しました。リュック・シュヴァイツァーは常々、自身が目標とするワインづくりには最新鋭の生産ツールが不可欠であると 主張しています。

une sélection des plus beaux terroirs

優れたテロワールを選び抜く

さらに高品質なワインづくりを目指し、当初は20ヘクタール程度で構成されていたドメーヌの規模拡大に取り組みます。ベルソン村に位置する優良区画を新たに買い足し、現在では所有面積75ヘクタールにまで成長。アペラシオン特有の魅力を最大限に表現したワインづくりに全力を注いでいます。

2000年には、複数区画の追加購入を受けて、その中でも特に優れた区画のぶどうを使用したキュヴェ「N°1」が誕生しました。

une sélection des plus beaux terroirs

一族について

脈々と受け継がれる、ワインに対する情熱

リュック・シュヴァイツァーの息子、リシャールとリュドヴィック。ふたりとも最初からファミリービジネスを継ぐ決意を固めていたわけではありませんが、父と共に、父を助けながら、ワイナリー運営に携わってきました。

「若い頃は家業を継ぐつもりはありませんでした。経験を積むにつれて、ヴィニュロンとしてワインをつくる中で得られる充実感、そこに生まれる使命感のようなものに魅了されるようになりました」

une sélection des plus beaux terroirs

「この世に完璧は存在しませんが、常に完璧を目指し、常に完璧に近づけるよう努力しています」

Ludovic Schweitzer
Hello,

I would like to order :
XX bottle(s) of Absolu
XX bottle(s) of N°1
XX bottle(s) of Tradition
XX bottle(s) of Château Bourdieu

Best regards,
Order form request